豚プラセンタエキス

豚プラセンタエキス

サプリメントや化粧品で有名なプラセンタですが、その元は胎盤であり、実はその種類もいくつかあるのです。ヒト、牛、馬、豚などのプラセンタがあり、なかでも国産の製品で最も多く使用されているのが豚プラセンタなのです。医療用ではヒトプラセンタのみが認められており、その観点からヒトプラセンタ以外は安全性が懸念されているようです。しかし、実際には生体の中に存在する成分であることから、プラセンタはどの種類でもあまり人体に悪影響がないともいわれています。

プラセンタ製品が注目され始め、流通するようになった当初は、プラセンタエキスといえば牛由来のものというのが一般的でした。しかし、そんな折、アメリカを中心にBSE(狂牛病)問題が浮上してしまい、それ以降はリスクを指摘する声が高まり、牛由来のプラセンタの使用が中止されてしまったのです。そこで主流となったのが豚由来のプラセンタなのです。現在では、プラセンタ化粧品やプラセンタサプリ、プラセンタドリンクのほとんどに豚プラセンタが使用されているのです。

そもそもプラセンタが生物の胎盤から抽出される成分であるため、とても希少な成分です。そのため、医療用に用いられるヒトプラセンタだけでなく、馬や羊由来のプラセンタは高価なものばかりで、長く使用を継続するためには、経済的な負荷が増えてしまうほどの高級品なのです。そんな中でも、食肉用として元来全国的に多く飼育されている豚は、他の動物由来のプラセンタよりも大量生産が簡単。それだけに安価での提供が可能となりました。

安価だからと言って効果が他よりも低いわけではないので、多くの利用者が気軽に使えるプラセンタとして人気を集めてきたのです。では、ほかの動物由来のプラセンタと同様に安全性にはどういった見解がされているのでしょうか。豚プラセンタもほかの動物由来のプラセンタ同様、感染症や伝染病などの懸念の声があるのも事実です。特に豚の飼育は大量の集団飼育のケースが多く、伝染病などの危険性は高いようです。

そんな安全性を確保するためにプラセンタの生成工程で幾度にもわたる殺菌処理などが施され、製品としての安全性は高く保たれています。それでも危険性のイメージは根強いようですが、最近では飼育環境を厳重に管理し、病気のリスクをできるだけ排除した飼育方法をとられたSPF豚というのが注目されています。これは厳しい品質基準にのっとって飼育されているため、通常の豚とは違い、安全性に優れた製品を提供することに成功しています。

プラセンタ商品ランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  商品名 料金 プラセンタ原料 商品タイプ 詳細
母の滴・プラセンタEX 4,611円 サプリメント 詳細
羊プラセンタサプリメントMFIII 7,700円 サプリメント 詳細
ハートフルサプリ 9,800円 サプリメント 詳細
プラセンタ100 お試し:980円
定期:9,240円
サプリメント 詳細
エイジングリペア 4,400円 サプリメント 詳細

▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2014 プラセンタの効果口コミランキング All Rights Reserved.
<コラム> 歴史 植物性 有名人 効能 プラセンタ注射 安全性 副作用 化粧品 飲むタイプ 他サプリ 他ドリンク 他化粧品 他ゼリー 他育毛剤 <他> プラセンタV3 モモプラ ビーエルエフ
シャイニープラセンタ ぷるぷるプラセンタ ベイビィフェイス ザ・プラセンタ 深美POWER3 ジェネリックコスメ ピュルサンリキッド プロ・プラセンタ 美Aid エタニテ Dr.元臓 エステティックゲル01
プラセンタローズ ピュルサン・ベルファム プルクルプラセンタ 植物プラセンタ・コレゾ ホワイテックス ヒロソフィープラセンタ ワインプラセンタ まるっとプラセンタ200 パーフェクトプラセンタ
ロイヤルクィーンプラセンタ プラセンタ液150000 ブリス・マリアプラセンタ BeautyPro プラセンタドリンク プラセンタドリンク コラーゲン&エラスチンプラス signature store インナーコスメ5000
シープラセンタ プラシーゲルモイスト つやプラ リボテプラセンタ Pice(ピセ) ディセンタ プラジェリー4000 プラーゲンゼリー <効果編> 注射の効果 ヒトと馬の効果 点滴と副作用
サプリ 美容液 クリーム ドリンク コラーゲン 原液の効果 ゼリー 育毛剤
当ページのTOPページ相互リンクはhttp://www.7amylase.com/に移動しています。