マリンプラセンタの特許

マリンプラセンタの特許

マリンプラセンタ配合製品には、特許取得原料マリンプラセンタ使用や特許取得美容食品といったものがあります。そうみてゆくと思い浮かぶのが、マリンプラセンタには特許が必用なのか、またマリンプラセンタを配合したサプリメントや化粧品等の製品を製造販売するには、特許が必用なのかといった疑問が浮かびます。

そもそもマリンプラセンタとは、健康食品原料や化粧品原料の製造販売をおこなう、株式会社日本バリアフリー社の登録商標なのです。鮭軟骨抽出物、学術的にはコンドロイチン硫酸たんぱく複合体の登録商標になります。海洋性の原料の中で人体に摂取出来るプラセンタが抽出出来るのは、鮭のみとなります。その鮭から株式会社日本バリアフリー社独自の自社技術で抽出・精製をした鮭プラセンタのことを、マリンプラセンタと呼びます。

マリンプラセンタには、食品用、化粧品用等いくつかのバリエーションがあります。それぞれのマリンプラセンタ毎に様々な特許を取得している原料です。したがって、マリンプラセンタを使用しているサプリメントや化粧品は、特許取得原料マリンプラセンタを使用した製品ということになります。マリンプラセンタと特許とは切手も切り離せない関係にあるのですね。

一方、サプリメント製品そのものが特許取得美容食品という場合があります。これはこの製品そのものが特許を取得しており、原材料にマリンプラセンタを使用していればさらに、特許取得原料使用製品ということになります。独自の素材で独自の製品を製造販売するという、かなりオンリーワンであり他に無い製品と言う事が特許取得という情報で、一般消費者が判断する事が出来ます。

食品原料のMPマリンプラセンタでは、肌荒れ改良材の特許、アンチエイジング効果の特許、抹消血液循環改善の特許を取得しています。化粧品原料のMPCマリンプラセンタでは、抗アレルギー効果の特許、美白効果の特許、育毛剤の特許、毛穴の黒ずみ改善剤の特許を取得しています。

特許を取得しているマリンプラセンタ原料製品は、特許を取得した項目に関して特許権を持っています。これは事業を保護し過当競争を防ぐ効果があります。同時に、マリンプラセンタのようなサプリメントや化粧品に使用する原料の効果に関する特許があるということで、消費者に対して独占的な付加価値を提供する事にもなるでしょう。マリンプラセンタ配合イコール特許効果のある製品という保証、安全、信頼等を意味します。

プラセンタ商品ランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  商品名 料金 プラセンタ原料 商品タイプ 詳細
母の滴・プラセンタEX 4,611円 サプリメント 詳細
羊プラセンタサプリメントMFIII 7,700円 サプリメント 詳細
ハートフルサプリ 9,800円 サプリメント 詳細
プラセンタ100 6,090円
→1,980円
サプリメント 詳細
エイジングリペア 4,400円 サプリメント 詳細

▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2014 プラセンタの効果口コミランキング All Rights Reserved.
<コラム> 歴史 植物性 有名人 効能 プラセンタ注射 安全性 副作用 化粧品 飲むタイプ 他サプリ 他ドリンク 他化粧品 他ゼリー 他育毛剤 <他> プラセンタV3 モモプラ ビーエルエフ
シャイニープラセンタ ぷるぷるプラセンタ ベイビィフェイス ザ・プラセンタ 深美POWER3 ジェネリックコスメ ピュルサンリキッド プロ・プラセンタ 美Aid エタニテ Dr.元臓 エステティックゲル01
プラセンタローズ ピュルサン・ベルファム プルクルプラセンタ 植物プラセンタ・コレゾ ホワイテックス ヒロソフィープラセンタ ワインプラセンタ まるっとプラセンタ200 パーフェクトプラセンタ
ロイヤルクィーンプラセンタ プラセンタ液150000 ブリス・マリアプラセンタ BeautyPro プラセンタドリンク プラセンタドリンク コラーゲン&エラスチンプラス signature store インナーコスメ5000
シープラセンタ プラシーゲルモイスト つやプラ リボテプラセンタ Pice(ピセ) ディセンタ プラジェリー4000 プラーゲンゼリー <効果編> 注射の効果 ヒトと馬の効果 点滴と副作用
サプリ 美容液 クリーム ドリンク コラーゲン 原液の効果 ゼリー 育毛剤
当ページのTOPページ相互リンクはhttp://www.7amylase.com/に移動しています。