プラセンタの使われ方の歴史

プラセンタの使われ方の歴史

プラセンタは、その利用法で原料が変わる場合が多いです。注射、点滴には人間の胎盤が多く化粧品、サプリメントなどには、主に豚の胎盤が原料になります。このように、現在の日本では薬事法で定められているように、人間のプラセンタだけが、医療用の注射液や点滴に用いることが許可されているからです。今までの日本では、加賀の三大秘薬の一つとして、不老長寿の薬「昆元丹」というプラセンタが有名ですね。

一方、中国では「不老長寿の薬、滋養強壮薬」として、胎盤は古くから珍重されています。「紫河車」という名前で、古い医学書にも紹介されていますが、これらは、ペーストや軟膏薬とまぜて、多数の漢方薬に配合されているのです。西洋の場合もその歴史は古く、クレオパトラやマリーアントワネットも、美容や若返りにプラセンタを使用したと伝えられています。

さらに、日本の場合、昭和20年代からは、プラセンタ治療としては、皮膚を切開して胎盤を埋め込むという「埋没法」が開発されました。これは、旧ソ連や中国から伝わったものですが、ありがたいのは保険適応となることで、肝機能障害や更年期障害に限られて、使われたそうです。切開して胎盤を埋め込むなんて、それほど効果が高かったのでしょう。

現在では、さらに科学的研究が進みましたので、プラセンタの効果が次々と解明されておりますし、その利用法も様々なものが開発されました。とくに、プラセンタ注射などの医薬治療以外に、一般的にだれもが使えるサプリメントなどの健康食品、化粧品が増えたことはありがたいことだと思います。


プラセンタ商品ランキング!人気NO.1ブランドはココだ!

  商品名 料金 プラセンタ原料 商品タイプ 詳細
母の滴・プラセンタEX 4,611円 サプリメント 詳細
羊プラセンタサプリメントMFIII 7,700円 サプリメント 詳細
ハートフルサプリ 9,800円 サプリメント 詳細
プラセンタ100 6,090円
→1,980円
サプリメント 詳細
エイジングリペア 4,400円 サプリメント 詳細

▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2014 プラセンタの効果口コミランキング All Rights Reserved.
<コラム> 歴史 植物性 有名人 効能 プラセンタ注射 安全性 副作用 化粧品 飲むタイプ 他サプリ 他ドリンク 他化粧品 他ゼリー 他育毛剤 <他> プラセンタV3 モモプラ ビーエルエフ
シャイニープラセンタ ぷるぷるプラセンタ ベイビィフェイス ザ・プラセンタ 深美POWER3 ジェネリックコスメ ピュルサンリキッド プロ・プラセンタ 美Aid エタニテ Dr.元臓 エステティックゲル01
プラセンタローズ ピュルサン・ベルファム プルクルプラセンタ 植物プラセンタ・コレゾ ホワイテックス ヒロソフィープラセンタ ワインプラセンタ まるっとプラセンタ200 パーフェクトプラセンタ
ロイヤルクィーンプラセンタ プラセンタ液150000 ブリス・マリアプラセンタ BeautyPro プラセンタドリンク プラセンタドリンク コラーゲン&エラスチンプラス signature store インナーコスメ5000
シープラセンタ プラシーゲルモイスト つやプラ リボテプラセンタ Pice(ピセ) ディセンタ プラジェリー4000 プラーゲンゼリー <効果編> 注射の効果 ヒトと馬の効果 点滴と副作用
サプリ 美容液 クリーム ドリンク コラーゲン 原液の効果 ゼリー 育毛剤
当ページのTOPページ相互リンクはhttp://www.7amylase.com/に移動しています。